もとしたいずみ/荒井良二『すっぽんぽんのすけ』

 「すっぽんぽんのすけ」シリーズの第1作。見た目はふつうの男の子が、真っ裸の「すっぽんぽんのすけ」になって、イヌ(?)忍者の悪者と戦います。これはおもしろい。「すっぽんぽんのすけ」になると、なぜかアタマにちょんまげが生えてきますが、姿はまさに「すっぽんぽん」で、なんだか気持ち良さそう。まちの人びとは当然のように「すっぽんぽんのすけ」に接していて、ジュースをくれたりします。忍者との戦いも、戦いとはいっても、実におかしな技。うちの子どもにも大受けでした。一番おもしろがっていたのは、「すっぽんぽんのすけ」がものすごい速さで走るところ。「はやすぎ!」。表紙も笑えます。イヌとネコの視線の先にあるのは、たぶんアレだな(^^;)。それにしても、「すっぽんぽんのすけ」、立ち姿がりりしく、いさぎよいです。この絵本、おすすめです。
▼もとしたいずみ 作/荒井良二 絵『すっぽんぽんのすけ』すずき出版、1999年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です