車光照ほか/松岡享子『いつも いっしょ どうぶつとくらすアジアのこどもたち』

 ヒヨコ、イヌ、ネコ、ブタ、ヤギ、ヒツジ、ウマ、サル、ゾウ、そして水牛と、いろんな動物たちとアジアの子どもたちの生活のなかでのふれあいを写し取った写真絵本。写真は、ユネスコ・アジア文化センター主催の第16回ユネスコ・アジア太平洋写真コンテストの応募作品だそうです。中国、ベトナム、バングラディシュ、パキスタン、モンゴル、インド、タイ、ネパール、インドネシアと、各国の全部で22人の方の写真が掲載されています。遊んでいる写真、働いている写真、寝ている写真、動物とのいろんな関係が描かれています。とても、ほほえましい。なかには、頭のノミをサルに取ってもらっている写真もありました。
▼車光照ほか 写真/松岡享子 文『いつも いっしょ どうぶつとくらすアジアのこどもたち』「こどものとも」1994年2月号(通巻455号)、福音館書店、1994年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です