映画の『11ぴきのねこ』

 OKI*IKU Note さんのところで紹介されていた馬場のぼる『11ぴきのねこ』、実はこの絵本のアニメ映画を以前、見たことがあります。地域の映画鑑賞会の特別上映だったのですが、うちの子どもといっしょに見に行きました。

 あらかじめもらった案内には上映時間が90分と書いてありました。絵本のお話からすると、どう考えても90分にはなりませんよね。いったいどうなるのだろうと思っていたら、基本的なストーリーは同じですが、いろいろと物語が追加されていました。

 たとえば最初の設定からして少し違います。11ぴきのねこはねこの街に暮らしており、しかも、イタズラばかりして街の大人たちを困らせているという設定になっています。その後、じいさんねこから大きな魚の話を聞いて魚をつかまえに行くのは同じですが、湖に到着するまでにいろんなエピソードが追加されていました。

 とはいえ、そのエピソードは、苦しい旅を続けるなかで仲間のきずなを確かめ合ったり自分たちの夢を求める姿を描いていて、そんなに違和感なく見ることができました。大きな魚との対決やラストもほぼ原作通りになっていましたし、これはこれで、おもしろかったです。うちの子どもも満足していました。

 全体的にアニメ映画としても出来がよい方かもしれません。

 で、一番びっくりしたのが声優です。「とらねこたいしょう」の声を担当していたのは、なんと、郷ひろみ! いやー、本当にびっくりしました。この映画はもともと1980年の公開なので、20年以上前の郷ひろみです。

 でも、この郷ひろみの声が、意外や意外、「とらねこたいしょう」に割と合っているんですね。ネコ声というか、けっこう似合っていました。声優としても下手じゃないように思いました。

 もう一つ、おもしろかったのが、制作当時の時代ゆえでしょうか、なんとなくサイケデリックな雰囲気がただよっていたこと。11ぴきのねこがまたたびを食べてトリップするシーンがあるのですが、これが極彩色でけっこう強烈。いっちゃってます。

 あと、一つ、分からなかったのは「ねんねこさっしゃれ」。「大漁節」はぴったりの歌だったのですが、「ねんねこさっしゃれ」はちょっとイメージの違うものになっていました。あまり子守歌らしくなかったです。まあ、「ねんねこさっしゃれ」は私もよく分かっていないのですが……

 この映画の基本情報は下記のサイトに掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です