アネット・チゾン、タラス・テーラー『まほうにかかった動物たち』

 今日は3冊。うちの子どもは、この絵本、だいぶ気に入ったようです。やはり、ページのめくりと色彩のダイナミズムが秀逸。今回はイヌの「アンジェロ」が船酔いで気持ちが悪くなるところに注目していました。うちの子どもも船酔いはまだ知らないからかな。
▼アネット・チゾン、タラス・テーラー/竹林亜紀 訳『まほうにかかった動物たち』評論社、1984年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です