ヴィルヘルム・ブッシュさんの関連情報

 しばらく前に読んで衝撃的だった『マックスとモーリッツ』、その作者であるヴィルヘルム・ブッシュさんの記念館があることを知りました。日本経済新聞で毎週土曜日に掲載されている、多和田葉子さんの「溶ける街 透ける路」、8月12日付けの第31回「ハノーファーの罠」で取り上げられていました。

 ドイツの都市、ハノーファーのヘレンハウゼン王宮庭園のなかにあるそうです。ヴィルヘルム・ブッシュさんはハーノーファーの生まれとのこと。検索をかけてみると、ウェブサイトもありました。Wilhelm-Busch-Museum Hannoverです。なかをのぞいてみると、ヴィルヘルム・ブッシュさんの写真もあります。ブッシュさんの作品のコレクションはもちろんのこと、風刺画のコレクションも所蔵しているようです。トミー・ウンゲラーさんのイラストがサイトには掲載されています。

 多和田さんによると、『マックスとモーリッツ』は、ドイツでは知らない人がいないほど有名だそうです。そこで、少し関連サイトを検索してみました。

 まず日本語で読めるもの。

 Wikipediaには、マックスとモーリッツ のページがあります。ここの説明によると、漫画の歴史においても重要な作品だそうです。

 また、酒寄進一研究室ドイツ語文化圏データベースには、ヴィルヘルム・ブッシュに略歴や作品リストが掲載されています。

 続いてドイツ語のサイト。非常にたくさんの関連サイトがあります。

 上記の酒寄進一研究室のページからもリンクが張られていますが、著作権フリーのドイツ文学作品をデジタル化しているプロジェクト・グーテンベルク、Projekt Gutenberg-DEには、『マックスとモーリッツ』の原文がそのまま集録・公開されています。Max und Moritzです。ただし、挿絵はないようです。『マックスとモーリッツ』以外のブッシュさんの作品も、パブリック・ドメインになっているようですね。

 同様にして、Vorleser.netでは、オーディオブックのように、朗読の音声データを無料でダウンロードできます。Wilhelm Buschです。

 ドイツのWikipedia、Wikipediaにも、Max und Moritzのページと、Wilhelm Buschのページがありました。かなり詳しい記述になっています。ブッシュさんの自画像も掲載されています。りっぱなヒゲです(^^;)。

 また、個人の方が運営されているサイト、Wilhelm-Busch-Seitenには、関連情報が集められています。そのなかのWilhelm Busch Museenのページには、ブッシュさんの生家など、多くの記念施設の説明とリンクが載っています。生家はきちんと保存され公開されているようですね。ウェブサイト、Wilhelm Busch Geburtshausもあります。

 さらに、「ヴィルヘルム・ブッシュ賞」というものがあるそうです。上記のドイツのWikipediaに説明のページがありました。Wilhelm-Busch-Preis – Wikipediaです。風刺作家、ユーモア作家に授与されるようです。サイト、Wilhelm-Busch-Preisもあります。

 さらにさらに、「ヴィルヘルム・ブッシュ協会」というのもあるみたいですね。サイトは、Wilhelm Busch.deです。

 そして最後は、ドイツのアマゾン、Amazon.deで、「Max und Moritz」で検索してみました。Amazon.de: Max und Moritz: Suchergebnisse Amazon.deです。実にたくさんの関連商品があるようです。ポップアップ絵本や、なかには「 Max und Moritz Reloaded」なるDVDもありました。どうやら舞台を現代に移した映画のようです。うーむ、どんな内容なんだろう。あの物語を現代でやるとなると、相当にブラックなものになると思いますが……。

 まだまだ関連サイトがあるようですが、少し調べただけでも、ドイツの人たちにとって、いかに『マックスとモーリッツ』が身近で、ヴィルヘルム・ブッシュさんが親しまれているか、よく分かるような気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です