マーカス・フィスター『ミロとまほうのいし』

 暗くて寒い冬に、明るく輝きしかもあたたかい「まほうの石」を見つけた、ねずみたちの物語。途中から「しあわせなおわり」と「かなしいおわり」の二種類のストーリーが用意され、ページの真ん中に切り込みが入っています。今日は「しあわせなおわり」を読みました。「まほうの石」にはピカピカ光る金色の紙(?)が張り込まれており、少々やりすぎじゃないかなあと思いました。

▼マーカス・フィスター/谷川俊太郎 訳『ミロとまほうのいし』講談社、1998年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です