読書感想文と読書感想画

 一つ前の記事を書いていて、そういえば読書感想文の課題図書とかあったなと思い、ネットで調べてみました。


 (社)全国学校図書館協議会と毎日新聞社が主催している青少年読書感想文全国コンクールのサイト。今年で第50回だそうです。今年の課題図書リストをみると、長谷川義史さんや酒井駒子さんの絵本も挙がっています。過去の入賞者一覧や入賞作品紹介のセクションもあります。
 驚いたのは、上記のサイトからリンクされていたのですが、同じ主催者で、読書感想画中央コンクールというものも開催されているのですね。読書してその感想を絵に描くわけです。各都府県でコンクールがあり、その上位入賞作品でさらに中央コンクールを実施するようです(この仕組みは読書感想文も同じようです)。うーむ、これはすごい。2003年度で第15回とのことで、私が子どものころには当然なかったです。ぜんぜん知りませんでした。
 サイトでは過去の入賞者一覧や入賞作品も掲載されています。なかなかおもしろいです。
 夏休みの感想文の宿題というと、とにかく苦痛だったことしか思い出せないのですが、いまは、感想文が苦手でも感想画なら描けるという子どももけっこういるのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です