佐々木マキ『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』

 「ムッシュ・ムニエル」は魔術師のヤギ。子どもを一人さらって弟子にしようとするのですが……という物語。主人公「ムッシュ・ムニエル」は、外見が服を着たヤギそのまま(りっぱな角!)で、人間のまちをすたすた歩き、しかもホテルに部屋もとります。とぼけた様子がよいです。男の子をさらう魔法もユニーク。というか、どうしてこれでうまくいくのかよく分かりません(^^;)。冷静に考えると、けっこうこわい話なのかもしれませんが、おそろしいことはまったくなく、物語も描写もニコリと微笑が合っています。あるいは、魔術師にさらわれ弟子になって諸国をめぐるというのは、子どもにとっては(いや大人にとっても)けっこう魅力的かも。
▼佐々木マキ『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』絵本館、2000年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です