赤羽末吉『おへそがえる・ごん ぽんこつやまの ぽんたと こんたの巻』

 今日は2冊。この絵本は「おへそがえる ごん」の冒険物語。カエルの「ごん」には押しボタンのようなおへそがあって、それを押すと口から「ぱく ぱく ぱく」と雲が出てくるのです。しかも、おへそにゴミがたまったときのために、耳かきならぬ、おへそかきまで持っている。いやー、おもしろい。で、友だちになった人間の子ども「けん」といっしょに、この雲でもって、乱暴な人間たちや、たぬきの「ぽんた」ときつねの「こんた」が化けた怪物たちを退治していきます。物語は昔話ないし時代劇のかたちをとっていますが、ユーモラスな描写がてんこ盛りで実におかしいです。うちの子どもにも大受けしていました。
 巻末の説明によると、1986年に福音館書店から刊行された『おへそがえる・ごん 第1巻』を、著者のご遺族の了解を得て再構成して出版したものとのこと。「ちひろ美術館 コレクション絵本」の第4巻です。「再構成」というのは途中のコマ割りみたいになっている部分かな。「再構成」される前のオリジナルも読んでみたいです。物語の続きがあるようなので、今度、図書館で探してみようと思います。この絵本、おすすめです。
 [↑後日、確認してみたら、やはり左記のとおりに大幅に変わっていました。はっきり言ってオリジナルの方が何倍もよいです。何のために再構成したのか、理解に苦しむほどです。これについてはまた別のエントリーで書きます。]
▼赤羽末吉『おへそがえる・ごん ぽんこつやまの ぽんたと こんたの巻』小学館、2001年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です