ルドウィッヒ・ベーメルマンス『マドレーヌのクリスマス』

 「マドレーヌ」シリーズのクリスマス絵本。クリスマス・イヴの夜、「パリの、つたのからまる ふるいやしき」では、みんな風邪をひいて寝込んでしまいました。「ミス・クラベル」まで倒れてしまいます。ただ一人、「マドレーヌ」だけは元気いっぱい。みんなの介抱や家事にかいがいしく働いています。

 考えてみれば、この舞台設定、いわば最低のクリスマス・イヴです。本当ならみんなで静かに過ごす聖なる時間、心温まる時間のはずなのに、そんな余裕はまったくありません。みんなのために、はちまきまでして一所懸命はたらく「マドレーヌ」。

 しかし、そんな「マドレーヌ」たちにも、クリスマスはやってきます。しかも、とびきりのプレゼントとともに。いったい、どんなプレゼントだったのか、ぜひ読んでみて下さい。クリスマスの静かな喜びがじんわりと伝わってきて、思わずニコニコしてくる、そんなプレゼントです。

 そのことを一番はっきりと伝えているのは、白みの多い画面がほとんどのなかで、唯一、見開き2ページ全面にわたって彩色されているページ。夜のパリを背景にした美しく軽やかな色彩、そして「マドレーヌ」たちの様子からは、なんだかクリスマスの奇跡を感じます。

 そして、めくった次のページもなんともいえず魅力的。あるいは、子どもよりは、お父さんやお母さんの方が、ぐっとくるかもしれません。こんなふうに暖かなクリスマスを過ごしたいなあと思ってしまいます。

 表紙の美しさも必見ですね。雪が舞い散るなか、パリのエッフェル塔がクリスマスツリーになり、「マドレーヌ」を除いて、みんな後ろ向きに描かれています。聖なる夜です。

 ところで、一つ注目されるのは、他の「マドレーヌ」シリーズとは違って、この絵本では、二色刷りのページがないところ。これまでに読んだ「マドレーヌ」シリーズの絵本は、どれも、ページによって使う色を変え、二色だけのページとカラフルなページとが混じっていました。それはそれで、とてもおもしろい効果があったと思います。でも、この絵本では、二色刷りのページはありません。どうしてかな。あるいはクリスマスを題材にしているからかもしれません。

 あと、「マドレーヌ」のアップがあるのも珍しいかも。「じゅうたんしょうにん」のユーモラスな描写もよいです。

 原書”MADELINE’S Christmas”の刊行は1956年。

▼ルドウィッヒ・ベーメルマンス/江國香織 訳『マドレーヌのクリスマス』BL出版、2000年、[印刷・製本:図書印刷株式会社]

ルドウィッヒ・ベーメルマンス『マドレーヌのクリスマス』」への3件のフィードバック

  1. マドレーヌのクリスマス

    マドレーヌのクリスマス
    ルドウィッヒ・ベーメルマンス/作 江國香織/訳  BL出版  
     元気いっぱいの女の子、その名はマドレーヌ。
     ぼく…

  2. はじめまして。「わくわく本」の海五郎といいます。
    この絵本の表紙、きれいですよね。
    ところで、二色刷のページは、この新しい版で彩色されたためになくなってしまったのですが、以前のものにはありました。
    また、この絵本はベーメルマンスが1956年に描いた挿絵を元に彼の死後に出版されたものです。
    まあ、そんなことは抜きにして、マドレーヌのクリスマス絵本が存在することを素直に喜びたいと思います。

  3. 海五郎さん、はじめまして。二色刷のページ、そんな経緯があったんですね。教えていただき、ありがとうございます。挿絵を元にしたということは、生前、ベーメルマンさん自身は、完成した絵本のかたちとしては考えていなかったのかな。彩色を施したのも別の方ですね。二色刷がある以前の版も、できたら探してみたいと思います。でも、いろいろ経緯はあったにしても、この絵本、とても美しく、「マドレーヌ」シリーズの1冊として大きな違和感なく読めました。海五郎さんがおっしゃるように、素直に喜びたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です