絵本をさがす:フリーマーケット

 これから暖かくなると、あちこちでフリーマーケットが開催されますね。実は、我が家で持っている絵本にはフリーマーケットで入手したものがかなりあります。知っている人は知っていると思いますが、フリーマーケット、絵本さがしの穴場じゃないかなと思います。

 もちろん、単行本のきっちりした絵本や人気作品はあまり出品されていません。けれども、何度かフリーマーケットに足を運ぶうちに気がついたのですが、福音館書店の月刊絵本誌『こどものとも』のバックナンバーが、けっこう売られているのです。『こどものとも』は幼稚園や保育園で定期購入・配布されたりするので、たぶん、お子さんが大きくなり不要になったものがフリーマーケットに出されているのかなと思います。

 『こどものとも』は質が高くおもしろい絵本がたくさんあるので、バックナンバーが積まれていたりすると「おぉ!」って感じです。ごっそり何冊も並んでいることもあり、そんなときには、ざっと選んで一気に買い占めます(笑)。とても安いですから。

 で、(なんだかマニアックな話ですが)絵本を入手するには、そのフリーマーケットがどこでどのように開催されているかも関係してくるようです。たとえば、まちの真ん中で定期的に開かれているフリーマーケットは、これまでの経験では、あまり期待できません。こういうフリーマーケットは、ほとんどプロの業者が出店していたりして、絵本はあまり出てきません。

 むしろ、家族連れがたくさん出店しているフリーマーケットがよいです。たとえば、宅地開発業者がお客さんを呼び込むために住宅見学会といっしょに開催するフリーマーケットなどです。我が家では、この種のフリーマーケットで『こどものとも』のバックナンバーをたくさん入手しました。

 実は先日も近くの公共施設のフリーマーケットに行ってみました。出店数はとても少なかったのですが、恐竜の図鑑絵本を定価の3分の1の値段、しかも値段交渉してさらに100円引きで買うことができました。もちろん、古本ですから新品ピカピカではありませんが、うちの子どもは気に入っているようです。

 我が家では、おもちゃとかも消耗品はフリーマーケットで買うことが多いです。そのためか、フリーマーケットなら何か買ってくれるとうちの子どもは思い込んでいるみたいで、ちょっと困るときもあります(笑)。

 しかしまあ、なんだか今日の記事はちょっとせこい話かもしれませんね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です