アネット・チゾン、タラス・テーラー『家の中をのぞいてごらん』

 「まほうの色あそび」シリーズ、今回、「ハービィ」はイヌの「アンジェロ」のために新しい犬小屋を作ります。どんな犬小屋がよいか参考にするため、船やまちなかのレンガ造りの家、オフィスビル、お城、動物たちが住んでいる木の家を見ていく、という物語。このシリーズの他の絵本と同じく、紙のページの間に透明なビニールに彩色したページがはさんであり、セルロイドのページをめくることで、いろんな家の中が見えてくるという趣向。ビニールのページは、めくって重なった紙のページにも合うようになっており、おもしろいです。細かく描き込まれた家の中の様子も、意外な発見がいろいろあり、楽しめます。「ハービィ」は、いろいろユニークな犬小屋の設計図を描くのですが、最後に「アンジェロ」が選んだのはどんな犬小屋だったか? ニコリとする結末です。原書の刊行は1972年
▼アネット・チゾン、タラス・テーラー/竹林亜紀 訳『家の中をのぞいてごらん』評論社、1984年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です