やぎゅう げんいちろう『あしのうらのはなし』

 今回うちの子どもの興味を引いていたのは、ゴリラの足と手、そして人間の足と手を比較したところ。ゴリラやオランウータンは、足のうらと手のひらがよく似ていて、足の親指も手の親指と同じく横に付いているのだそうです。足でモノをつかんだり木の枝をつかんだり自由にできるわけです。便利で楽しそうです。

▼やぎゅう げんいちろう『あしのうらのはなし』福音館書店、1982年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です