久里洋二『ゴキブリちゃん』

 みんなに嫌われている「ゴキブリちゃん」、一念発起して音楽を勉強し、すてきな音を奏でられるようになります。そして、人間たちと仲良くなったというお話。主人公の「ゴキブリちゃん」は、かわいく描かれているのですが、設定に無理があるような……(^^;)。また、「汚い」「臭い」という表現が割と直裁に出てきます。そんなに気にするほどではありませんが、少し抵抗を感じました。

▼久里洋二『ゴキブリちゃん』ARTBOXインターナショナル、2004年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です