こじま しほ『へびかんこうセンター』

 今日の1冊目はまたまた『へびかんこうセンター』。この絵本では、表紙の見返しからはじまって、本文、裏表紙の見返し、裏表紙にいたるまで、ずーっと物語が続くように描かれています。物語のラストが実は裏表紙なんですね。またカバーにも遊びの要素があり、それもおもしろいです。

▼こじま しほ『へびかんこうセンター』文渓堂、1996年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です