映画『あらしのよるに』が公開されたそうです

 映画の『あらしのよるに』が今日(12月10日)から公開だそうです。公式ホームページは映画「あらしのよるに」オフィシャルサイト:: 映画「あらしのよるに」オフィシャルブログ ::まであります。MovieWalker には木村裕一さんのインタビューも掲載されていました。MovieWalker レポート 【単独インタビュー】人気絵本「あらしのよるに」が遂に映画化!原作・脚本を手掛けたきむらゆいちが、作品の面白さを語る

 インタビューでも語られていますが、今回の映画は、木村さん自身が脚本も手がけられたとのこと。木村さんにとってははじめての映画脚本だそうです。『あらしのよるに』はファミレスで書いていたという裏話もあります。このあたりについては、公式サイトにもインタビューが掲載されていました。MovieWalkerのインタビューから一部を引用します。

だから、10年かけて描いてきた7巻のお話を一度全部壊して、大事な要素を拾い集める作業をしました。その結果、子供が読んだらオオカミとヤギのお話でも、大人が読んだら民族の違いの話とか、戦争の話とか、恋愛の話にも解釈できる、そういういろんな見方ができるところが、この作品の面白さだと気付いたんです。

 なるほどなあと思いました。たしかに、「あらしのよるに」のシリーズには多面的な要素があるように思います。

 でも、正直言って、私はこの映画、あまり興味がわいてきません。なぜなら、キャラクター造形や絵柄が、原作のあべさんの絵とは、あまりにもかけ離れているからです。

 「あらしのよるに」シリーズは、絵本だと私は認識しています。もちろん、どちらかといえば文章主体ですし、ストーリーが抜群に面白いのですが、でも、あべさんの描く絵の魅力も非常に重要な要素だと思うのです。省略の効いた禁欲的な線と色、緊張感のある画面構成、とても抑制されているがゆえに逆に多くのことがじんわりと伝わってくるような絵です。

 これに対し、映画の方は、とりあえずネットで見るかぎりでは、原作の絵が持っていたテンションがすっかり抜けてしまっている気がしました。お子様向けといっていいかもしれません。なんだか、ひいてしまいます。

 語弊があるかもしれませんが、今回の映画化では、原作のあべさんの絵はあまり、というか、ほとんど考慮されていないように思います。公式サイトのインタビューをみても、あべさんの絵にふれたものは見あたりません。

 もちろん、あの絵をそのままアニメにすることは不可能でしょうし、公式サイトのインタビューでも杉井ギサブロー監督や木村裕一さんが語っているように、絵本は絵本、映画は映画、別のものと考えればよいのでしょう。

 でもなあ、「あらしのよるに」は、やっぱり、あのあべさんの絵があったからこそだと思うんだけどなあ……。あべさんは今回の映画をどう見られているのかなあ……。

 しかし、こんなことは、映画をちゃんと見てから書け!って感じかもしれませんね。

映画『あらしのよるに』が公開されたそうです」への4件のフィードバック

  1. mkさん、おはようございます。
    わたしも初めて映画の方の絵を見た時はかなりショックでした。多分見ないと思いますが、木村さんが触れられていた中村獅童さんと成宮寛貴さんの声には興味があります。
    映画を見て、原作を手に取ってみようという子がたくさんいるといいなぁと思っています。
    P.S.久々の更新、とっても喜んでます^^。

  2. みぃさん、コメントをありとうございます。レスポンスが遅くなってしまい、すいません。
    映画の絵柄、やっぱり、ショックですよね。私も、なんでこうなるの?と、かなり驚きました。今回のエントリー、独りよがりな感想かもしれないなあと思っていたので、同じ意見をうかがえて、よかったです。
    でも、たしかに、みぃさんがおっしゃるように、この映画を見て原作を読んでもらえると、一番によいのかもしれませんね。
    本当に久々の更新になりました。サイト全体では2ヶ月ちょっと経ってしまいました。いやはやです。書きたいことは色々あるので、時間を見つけて書き継いでいきたいなと思っています。これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

  3. あらしのよるに

    あらしのよるに 1「おはなしの国」で語られた「あらしのよるに」が、とても、おもしろくて… 語り手は男の方でしたが、さす…(続きを読む) 2007/04…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です