佐々木マキ『ムッシュ・ムニエルとおつきさま』

 またまた「ムッシュ・ムニエル」シリーズの一冊。今回は月を研究している双子の博士、「ニッチモはかせ」と「サッチモはかせ」が登場。「ムニエル」が魔法で地上に降ろした月をめぐって、双子の博士との間で騒動になります。たくさんの月(!)夜空にあがり、そしてニセモノの月がパラパラと落ちてくる画面は実にシュールです。「ムニエル」が使う魔法は歌声を空き瓶につめて花火のように打ち上げるというもの。考えてみると、けっこうロマンチックかもしれませんね。でも、どうやら「ムニエル」は音痴のようです。
▼佐々木マキ『ムッシュ・ムニエルとおつきさま』絵本館、2001年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です