トミー・ウンゲラー『エミールくん がんばる』

 主人公の「エミール」は大きなタコ。サメに襲われていた「サモファせんちょう」を助け、それが縁で地上にやってきます。どんな楽器もたちまち弾けて、8本の手でハープ(?)とドラムとチェロを同時に操り、ドビッシーの「うみ」を演奏したりします。海の監視員をしたり、警察船を助け悪者を捕まえたりと大活躍。緑色で口がなく、ちょっとなさけない顔をしていて、愛嬌もあります。見開き2ページの左上と右下、左下と右上といったように、斜めに空間を広くとった絵の配置もおもしろい。原書の刊行は1960年。
▼トミー・ウンゲラー/今江祥智 訳『エミールくん がんばる』文化出版局、1975年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です