タグ別アーカイブ: うさぎのくにへ

2004年7月のおすすめ絵本

 だいぶ更新が遅くなっていますが、7月に読んだ絵本のなかでとくにおすすめの絵本を何冊か選んでみたいと思います。

 選書の基準は、子どもといっしょに読んでいるなかで自分がとくに感銘を受けたもの。そのため、うちの子どもが好んで読んだものとは必ずしも一致しません。私自身が「これはすごい!」「おもしろい!」と思ったものを選びます。もちろん、それは同時に、子どもといっしょに楽しめるものという意味もあります。

 というか、このあたりは、若干、あいまいですね。まあ、あまり考えすぎずに選んでいこうと思います。

 というわけで、おすすめ絵本は下記です。記されている順番は読んだ順です。ランキングではありません。それぞれの絵本の紹介記事は、この記事のうしろの「関連する記事」というセクションに一覧になっているはずです(プラグインを使って自動でリンクを貼るようにしています)。

  • 長谷川義史『どこどこどこ いってきまーす』
  • 甲斐信枝『あしながばち』
  • 神沢利子/片山健『いいことって どんなこと』
  • 吉沢葉子/斎藤隆夫『おおぐいひょうたん』
  • 筒井頼子/林明子『あさえとちいさいいもうと』
  • 武田正/梶山俊夫『さるとびっき』
  • アーサー・ガイサート『洪水のあとで──ノアたちのその後──』
  • 松谷みよ子/中谷千代子『ちいさいモモちゃん1 おばけとモモちゃん』
  • 長谷川摂子/スズキコージ『たいこたたきのパチャリントくん』
  • ジビュレ・フォン・オルファース『うさぎのくにへ』
  • 瀬川康男『ぼうし』
  • くろだ かおる/せな けいこ『ゆうれいとすいか』
  • 長新太『くまさんの おなか』

 うーむ、だいぶ多くなってしまいました。もう少し絞らないと意味ないかなあ。でも、どれもおもしろい絵本です。

 ちなみに、「ぐりとぐら」シリーズや「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズは、定番中の定番なので上記のリストからはずしました。

 来月(というか実はもう8月半ばですが^^;)も、この企画、やってみようと思います。

ジビュレ・フォン・オルファース『うさぎのくにへ』

 今日は2冊。「かあさんうさぎ」は「よなべして」(!)、「むくむくちゃん」と「ぷくぷくちゃん」に二枚の服を縫うのですが、これがまさに、うさぎのきぐるみ。ちゃんと長い耳もしっぽもついていて、かわいいです。で、物語の最後では、このきぐるみのうさぎを森番(もちろん人間)の「おとうさん」が人間の家に連れ帰ります。

ごらんよ かあさん
きょう つかまえた
森 いちばんの すてきな もの!

▼ジビュレ・フォン・オルファース/秦 理絵子 訳『うさぎのくにへ』平凡社、2003年

ジビュレ・フォン・オルファース『うさぎのくにへ』

 今日は2冊。双子(?)の幼い子ども、「むくむくちゃん」と「ぷくぷくちゃん」が、森のなかで「かあさんうさぎ」に連れられていくという物語。原書の刊行は1906年。すでに100年近くの時間がたっているわけですが、まったく古さを感じさせません。

 絵のページはどれも、上5分の1がモノクロ、下5分の4がカラーで2つの絵に分かれています。上と下とで互いに結びつき立体的なメッセージを発しているかのようです。また、カラーで描かれた森のなかの様子は、ほとんどどのページも下3分の1に「むくむくちゃん」と「ぷくぷくちゃん」、ウサギたちが配置され、上3分の2は並んだ木々の幹と枝が描かれています。その統一的な美しさにはため息が出ます。

 そしてこの描写のリズムが崩れるのが、「おとうさん」である「森の番人」が子どもたちを見つけ家に連れ帰る最後の2ページ。非常に象徴的です。この絵本、おすすめです。

▼ジビュレ・フォン・オルファース/秦 理絵子 訳『うさぎのくにへ』平凡社、2003年