タグ別アーカイブ: 「イグルー」をつくる

ウーリ・ステルツァー『「イグルー」をつくる』

 北極地方に暮らすイヌイットの父子がイグルーを作る様子を撮影した写真絵本。イグルーというのは、雪のブロックで作った家のことです。場所を決め、雪を切り出し、積み上げ、入り口を開け、全体を仕上げていく……。出来上がるまでの一つ一つのプロセスが、モノクロ写真で淡々と描かれていきます。

 イグルーの作り方、私はこの絵本ではじめて知りました。なるほどなーと驚きが幾つもあります。非常に合理的で洗練された建築術。しかも、それは、ノコギリとナイフという必要最小限の道具で作られているわけです。

 一面、岩と雪だらけの平原に忽然と姿を現す雪の家……。白く輝く大地に対し、黙々と作業する二人の姿は黒々としており、そのコントラストの強さは、人間の営みの強靱さを伝えているような気がしました。

 その一方で、イグルーを作ることは、自然についての深い理解に基づき、自然と一体になった営為。なにしろ、目の前にある雪と氷だけが材料です。最初のページに記されていましたが、イグルーのなかの明かりや燃料も自然のなかから採られているのだそうです。そして、移動して空き家になったイグルーは、夏になれば溶けて消えてしまう。自然に無理に力を加えない、汚さない、そんなイヌイットの生き方が感じられます。

 また、この絵本のもう一つのモチーフは、おそらく親子のきずな。黙々と作業する「トゥーキルキー」さんを息子の「ジョビー」さんが手伝っています。「トゥーキルキー」さんもまた、父親からイグルーの作り方を教わったのだそうです。親から子へと世代を超えて伝承されていく知恵と技術。

 そもそもイヌイットの猟師は一人で遠出することはなく、たいてい息子を連れて行くとのこと。獲物を求めて移動するなかで、そのつど親子で協力してイグルーを作るわけです。そんなイグルーは、狩りの途中の仮住まいであるのみならず、厳寒の地を生き抜くための学びの場と言えるかもしれません。

 扉の裏には、並んだ二人のポートレートが載っていました。これが、実にいい顔なんですね。なんだか、きらきら輝いているように感じます。千葉さんの訳者あとがきにも記されていましたが、イヌイットの祖先は私たち日本人と同じくモンゴロイドなのだそうです。たしかに、二人の顔つきには、どことなく日本人と共通するところがあります。

 ところで、うちの子どもは、工作が大好きなんですが、この絵本は図書館で借りるときから気に入ったようです。曰く「僕は作るのが好きだから、この絵本はいいねえ」(^^;)。

 原書”Building an Igloo”の刊行は1981年。この絵本、おすすめです。

▼ウーリ・ステルツァー 写真と文/千葉茂樹 訳『「イグルー」をつくる』あすなろ書房、1999年