『子どもの本~この1年を振り返って~2003年』(その3)

 図書館に行くと、時々、紙芝居の読み聞かせをします。うちの子どものお気に入りは、チビロボのチビイのシリーズ。

 『子どもの本~この1年を振り返って~2003年』でも、紙芝居が一つのジャンルとして取り上げられていました。紙芝居文化推進協議会の江森隆子さんが2003年の紙芝居の動向をまとめられています。「そうなのか!」と驚きがあったので、少し紹介します。

 まず、紙芝居を恒常的に出版しているのは、童心社と教育画劇の2社だけ。2社あわせて、2003年には計56点の紙芝居が刊行されたそうです。絵本の刊行数とは比べものにならないくらい少数ですね。

 「五山賞」という1年間に出版されたすぐれた紙芝居に授与される賞が1962年からあるそうですが、これも2002年分は該当作なしとのこと。江森さんによると、出版紙芝居はここ数年、冬の時代で低迷しているそうです。

 紙芝居はなにせスペースを取りますし、江森さんがまとめられたリストをみると、セット販売のものも多く、なかなか個人では購入できません。その一方で、おそらく図書館も、自治体の財政状況の悪化などにより、以前よりは紙芝居をそろえなくなっているのかなと思いました。このあたりが、冬の時代の背景でしょうか。

 とはいえ、紙芝居はそれ自体、絵本とは違った面白さがあります。図書館でうちの子どもに紙芝居の読み聞かせをしていると、しばしば他の子どもが横から見ていたりします。なかなか楽しいです。やはり画面が大きく、しかも画面転換の躍動感があって、絵本よりもっと開かれたメディアという感じがします。

 そのことについては、ひこ・田中さんがふれられていました。長いですが引用します。

……紙芝居もまた、絵本では表現できないすぐれたメディアなんですね。一つは、絵の横に、中に文章が入っていないために、読み聞かすときにちゃんと聞かす方と聞く方との距離がとれること。そして、どんな文章がそれに付いているかを想像しながら見ることができる。

[中略]

リズムが絵本というのはつかみにくいけど、紙芝居は今やっていただいたようにサッと引けるでしょう。子どものことから覚えてますけど、そのときの興奮ってないのですよね。次の絵がどう飛び出してくるか。そういう意味では、絵本よりアクロバティックなメディアなんですよね。せっかくそういうのが日本にあるのだから、どんどん世界の作家を刺激して、いろんな国で絵御と違った子ども向けの表現方法として普及すればいいという気がします。(68ページ)

 ここで田中さんがふれられているのが「紙芝居文化の会」の活動。ウェブサイトもあります。この団体は、紙芝居を世界各地に持っていき紹介しているそうです。

 オランダに持っていったら、リンデルト・クロムハウトさんという方が興味を持ち、オランダ初の紙芝居を作ったとのこと。それが『そんなのいらない』(リンデル・クロムハウト 文/福田岩緒 絵/野坂悦子 訳 童心社)。

 童心社からはもう1点、『しあわせいろのカメレオン』(ペッポ・ビアンケッシ 文・絵/野坂悦子 訳)が刊行されており、こちらも、ペッポ・ビアンケッシさんのはじめての紙芝居だそうです。

 江森さんによると、従来の翻訳紙芝居は、もともと絵本として作られたものを紙芝居に仕立て直したもので、紙芝居として無理のあるものが多かったとのこと。これに対し、上記の2点は、紙芝居に関心を持った海外の作家が、はじめから紙芝居として作ったオリジナル作品。

 田中さんは、紙芝居のサイズを統一して、全世界規格にしたらいいんじゃないかと述べられていました。紙芝居で使う舞台も統一サイズで安くして、どの紙芝居もその舞台で見せられるというかたちにする。こうすると、いまよりは個人も紙芝居を買えるようになるのではないかとのこと。

 出版紙芝居が低迷している一方で、「紙芝居文化の会」の活動やまた海外の作家が紙芝居にチャンレンジしたりと、紙芝居をめぐる状況が少しは変わりつつあるのかもしれませんね。

▼NPO図書館の学校 編集・発行『子どもの本~この1年を振り返って~2003年』発売:リブリオ出版、2004年、定価 1,365円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です