舟崎克彦/飯野和好『にんじゃ にんじゅろう』

 この絵本は、舟崎克彦さんと飯野和好さんが組んだ忍者もの。主人公は忍者の家の一人息子、「くろくも にんじゅろう」です。「ねずぼうずのあさたろう」シリーズや「くろずみ小太郎」シリーズなど、飯野さんの他の時代劇絵本とは異なり、今回はふつう(?)の人間が主人公。

 「にんじゅろう」は忍者学校に通いながら、跡取り息子として、いつも「父上」や「母上」から尻を叩かれています。そんなある日の学校からの帰り道、あやしい気配を背後に感じた「にんじゅろう」は、急いで帰宅したのですが、どうも様子がおかしい。戸には鍵がかかっておらず、ロウソク一つ灯っていません。しかも「父上、母上」と呼んでも返事が返ってこないのです。「さては拙者の忍術の腕前を確かめようと、どこかに隠れてスキをうかがっているに違いない」と思いついた「にんじゅろう」、家のなかを探りはじめるのですが、突然、うしろから羽交い締めにされ、手裏剣まで飛んできて……。

 さあ、窮地に陥った「にんじゅろう」がどうなったか。そして「父上」と「母上」はいったいどこに? ラストは、なるほどね、のどんでん返しです。

 この絵本、飯野さんが絵も文も手がけたものと比べると、だいぶ文章の量が多め。とはいえ、やはり時代劇ものですから、たとえば「せっしゃ」「~ござる」「ちょこざいな!」といった言葉遣いになっていて、なかなか楽しい。読むときも力が入ります。

 絵は、ほとんどが夜の場面であるため、どちらかといえば暗めの色づかいですね。それはスリリングな物語に合っていて、なんとなくあやしい雰囲気をかもし出しています。

 それにしても、「父上」「母上」と比べて「にんじゅろう」は大したもの。なにより顔つきが違いますね。ほっぺは、ぽっちゃりとして子どもっぽく、にきび(?)がたくさん浮かんでいるのですが、眉毛はキリリと太く、そして何事にも動じない落ち着いたまなざし。子ども忍者として、なかなかの格好良さです。

 ところで、この絵本では、巻末にいろいろと「おまけ」が付いていました。まずは「にんじゃ親子 夜なべ問答」。「父上」「母上」と「にんじゅろう」が囲炉裏に薪をくべながら、忍者の心得や忍び道具などについて会話を交わします。

 そして、一番ラストに付いているのが「にんじゃえまき」。表には

いきをととのえ、右にめくり、
しずかに、たてにひらくのじゃ。

という飯野さんの手書き文字が記してあります。折りたたんである紙を広げると、A2版の大きなスペースに、忍者の道具や装束、返送、さまざまな術から手裏剣の打ち方まで、飯野さんの鮮やかなイラストと説明がありました。これは、ポスターみたいに壁に貼っておけますね。楽しい趣向です。うちの子どもも、この絵巻にはだいぶ惹かれたようで、私と一緒に読んだとき以外にも、一人で何度も見ていました(^^;)。

 なんとなく思ったのですが、この絵本もシリーズになるのかな。このキャラクターと設定、まだまだ続きが作れそうな感じです。

▼舟崎克彦 作/飯野和好 絵『にんじゃ にんじゅろう』学習研究社、2004年、[編集:寺村もと子、編集協力:清水秀子]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です