白川三雄『みんなではしろう』

 今日は4冊。この絵本は、三輪車や自転車、ローラースケートやキックボードなど、いろんな乗り物にのったみんな(人間も動物も!)が公園に集まりいっしょに走るというストーリー。公園に集まるまでの描写がおもしろいです。画面の中央、奥に向かって道が続き、そこをみんなが順々に追いかけるようにして奥へ走っていきます。画面の視点は固定されていて、みんなが横を追い抜いていくような感覚になります。

▼白川三雄『みんなではしろう』「こどものとも年少版」2002年6月号(通巻303号)、福音館書店、2002年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です