いわむら かずお『14ひきのあさごはん』

 14ひきのシリーズの1冊。朝起きてご飯を準備するまで、14ひきのねずみの家族がみんなで協力し合う姿が描かれています。

 「この子は誰かなあ」と子どもたちの名前を当てたり、途中に登場する昆虫を探したりして、楽しんでいました。「どんぐりパンっておいしいの?」というのが今日の疑問。どうだろうねえ。

▼いわむら かずお『14ひきのあさごはん』童心社、1983年

いわむら かずお『14ひきのあさごはん』」への1件のフィードバック

  1. クリスマスプレゼントにしたい絵本

    わたしには、姪っ子が二人いるの。ダンナさまのお兄さん夫婦の娘さんズで、実は今、同じマンションに住んでいて、毎日のように行き来しては愛でまくっているのです(*^-…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です