タグ別アーカイブ: 秋野亥左牟

秋野和子/秋野亥左牟『たこなんかじゃないよ』

 昨日に続いてまたまた『たこなんかじゃないよ』。この絵本のタイトルは、たこがまわりの色に合わせて体の色を変化させることから来ています。珊瑚や海草や砂と同じ色になって隠れるわけです。色の描写が、おもしろいです。

わたしは すな
わたしは すな
たこなんかじゃないよ

▼秋野和子 文/秋野亥左牟 絵『たこなんかじゃないよ』こどものとも1995年7月号(通巻472号)、福音館書店、1995年

秋野和子/秋野亥左牟『たこなんかじゃないよ』

 この絵本、数年前に古本屋で購入し、もう何十回も読んでいます。描かれているのは、南の海のたこの散歩。「にじいろざかな」を食べたり、「おおうつぼ」に足を一本食べられたりします。少しどぎつい配色とあやしい模様が南の海の雰囲気を感じさせます。なんだか抽象画のようなおもしろさがあります。

▼秋野和子 文/秋野亥左牟 絵『たこなんかじゃないよ』こどものとも1995年7月号(通巻472号)、福音館書店、1995年