タグ別アーカイブ: たいこたたきのパチャリントくん

2004年7月のおすすめ絵本

 だいぶ更新が遅くなっていますが、7月に読んだ絵本のなかでとくにおすすめの絵本を何冊か選んでみたいと思います。

 選書の基準は、子どもといっしょに読んでいるなかで自分がとくに感銘を受けたもの。そのため、うちの子どもが好んで読んだものとは必ずしも一致しません。私自身が「これはすごい!」「おもしろい!」と思ったものを選びます。もちろん、それは同時に、子どもといっしょに楽しめるものという意味もあります。

 というか、このあたりは、若干、あいまいですね。まあ、あまり考えすぎずに選んでいこうと思います。

 というわけで、おすすめ絵本は下記です。記されている順番は読んだ順です。ランキングではありません。それぞれの絵本の紹介記事は、この記事のうしろの「関連する記事」というセクションに一覧になっているはずです(プラグインを使って自動でリンクを貼るようにしています)。

  • 長谷川義史『どこどこどこ いってきまーす』
  • 甲斐信枝『あしながばち』
  • 神沢利子/片山健『いいことって どんなこと』
  • 吉沢葉子/斎藤隆夫『おおぐいひょうたん』
  • 筒井頼子/林明子『あさえとちいさいいもうと』
  • 武田正/梶山俊夫『さるとびっき』
  • アーサー・ガイサート『洪水のあとで──ノアたちのその後──』
  • 松谷みよ子/中谷千代子『ちいさいモモちゃん1 おばけとモモちゃん』
  • 長谷川摂子/スズキコージ『たいこたたきのパチャリントくん』
  • ジビュレ・フォン・オルファース『うさぎのくにへ』
  • 瀬川康男『ぼうし』
  • くろだ かおる/せな けいこ『ゆうれいとすいか』
  • 長新太『くまさんの おなか』

 うーむ、だいぶ多くなってしまいました。もう少し絞らないと意味ないかなあ。でも、どれもおもしろい絵本です。

 ちなみに、「ぐりとぐら」シリーズや「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズは、定番中の定番なので上記のリストからはずしました。

 来月(というか実はもう8月半ばですが^^;)も、この企画、やってみようと思います。

長谷川摂子/スズキコージ『たいこたたきのパチャリントくん』

 この絵本、表紙・裏表紙の見返しには、得体の知れない生き物の影がたくさん描き込まれています。物語のなかで一番不気味なのが「サンヨルチュウ」。真っ黒で足が何本もあり、虫のような生き物。何十匹もいて「いつも すなに つばを まぜて くろい まちを つくっています」。「パチャリントくん」たちが壊して壊しても、別の場所にどんどん黒いまちを作っていく様子が、なんとも気味が悪い。でも、それもまた、この絵本の魅力です。

▼長谷川摂子 さく/スズキコージ え『たいこたたきのパチャリントくん』「こどものとも」2000年3月号(通巻528号)、福音館書店、2000年

長谷川摂子/スズキコージ『たいこたたきのパチャリントくん』

 2冊目。いやー、めちゃくちゃおもしろい! 「ぐしゃりとつぶれたおおきなやかん」から出てきた「パチャリントくん」の冒険物語。どこに連れて行かれるのか分からない、ジェットコースターのような展開に度肝を抜かれました。ちょっと破壊的なところもよいです。なんだかまだ続きがありそうな終わり方なのですが、もしかすると続編があるのかも。というか、ぜひ続きを読みたい(^^;)。スズキコージさんの絵も、炸裂しまくっています。空も波打ち歪んでいます。これはすごい。この絵本、おすすめです。

▼長谷川摂子 さく/スズキコージ え『たいこたたきのパチャリントくん』「こどものとも」2000年3月号(通巻528号)、福音館書店、2000年