フリーマーケットの『こどものとも』

 今日は近くの比較的大きな公園で開催されたフリーマーケットに行って来ました。うちの子どものお目当てはおもちゃ、そして私のお目当てはもちろん絵本です。

 子どものおもちゃ選びにつき合いつつ、「絵本ないかな」ときょろきょろしていたら、福音館書店の月刊絵本誌『こどものとも』を発見。年少版や年中版も合わせて20冊ほどがずらりと並んでいました。新しいものが多く、驚いたことに2004年3月号まで含まれています。

 お店の人に聞いてみたところ、お子さんが双子であるため、幼稚園(?)で同じ『こどものとも』を2冊もらってしまうとのこと。不要な1冊をフリーマーケットに出品しているそうです。なるほど、そういうこともあるんですね。

 『こどものとも』は現在1冊380円ですが、今回は1冊50円(!)という驚きの値段。中身もおもしろそうなものが多かったので、一気に十数冊を買い占め、しかも値段交渉して総額から100円引きにしてもらいました(笑)。お店の方には本当に感謝です。

 さっそく今晩、そのうちの3冊を読み聞かせ。どれもなかなかよかったです。うちの子どもも楽しんでいました。明日以降も少しずつ読んでいこうと思っています。

 ともあれ、今日のフリーマーケットは良心的なお店が多く、絵本以外でもいろいろ掘り出し物がありました。こういうことがあるので、フリーマーケット通いはやめられません。

フリーマーケットの『こどものとも』」への2件のフィードバック

  1. 「広沢虎造」を検索してここを発見しました!
    わたしも絵本だいすきなので楽しいです。
    とくにアーノルド・ローベルと土方久功が好きで
    土方久功の本はブログでも紹介しています。
    フリマで私も絵本を買いますよ~
    1冊20円で
    「あさえといもうと」「ねずみのおいしゃさん」
    「バーバパパ」シリーズなど10冊ほど見つけた時は
    最高に嬉しかったです。
    同じ本を既に持っていても
    好きな絵本を古本やフリマで見つけると
    何冊でも買っちゃうんですよね。
    で、知人の子にプレゼントしてます。

  2.  tokkyu さん、コメントとトラックバックをありがとうございます。
     アーノルド・ローベルさんと土方久功さんの絵本はまだ読んだことがありませんでした。次に図書館に行ったらぜひ借りて読んでみようと思います。
     フリマの絵本、私も何冊も買っちゃいます(笑)。なにせ安いですよね。
     広沢虎造さんの浪曲CDは、tokkyu さんの記事やちょぼくれ庵の鰓さんの記事を読みました。とてもおもしろそうなので、今度、ダイソーあたりで探してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です