平山暉彦『へんてこロボットのぼうけん』

 今日は1冊。久しぶりに『へんてこロボットのぼうけん』。うちの子どもにとっては何度読んでもあきないようです。合体した「へんてこロボット」の登場場面では「ほんとにへんてこや!」とニコニコ。前と同じく今日も「早くコンパスが使いたいなあ」と言っていました。まあ使ってもよいと思うのですが、うちの下の子どもがまだ小さいので、ちょっとあぶないかなあ。
 それはともかく、この絵本の絵は、視点の置き方と移動がおもしろいなと思いました。最初は、コンパスやビー玉が落ちている机の下、ほとんど床すれすれに視点が設定されています。そこから机の上に登っていき、窓を開け、そして外に出ていく(あるいは落ちていく)……。机の下の暗い空間と明るい外という光の対比もよいです。
 あと、忘れられていたビー玉やコンパスたちは最後には子どもに見つかって、本来あるべきところに戻るのですが、ラストページがなかなか楽しい。ときどき夜みんなでロボットに合体している様子がそれとなく描かれていて、これもうちの子どもが気に入っている理由かなと思いました。
▼平山暉彦『へんてこロボットのぼうけん』「こどものとも年中向き」2003年3月号(通巻204号)、福音館書店、2003年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です