あべ弘士『どうぶつえんガイド』

 今日は3冊。この絵本は、月刊科学絵本『かがくのとも』の『どうぶつえんガイド』(91年4月号)、『フクロウのよるは おおいそがし──どうぶつえんガイド』(92年5月号)、『カメは おうちを しょっている──どうぶつえんガイド』(93年11月号)の3つをまとめ、さらに追加して単行本化したもの。動物園でのたくさんの動物たちの生態がそれぞれ見開き2ページに描かれています。作者のあべさんは旭川市旭山動物園に勤務されていたとのこと。ページのたくさんの書き込みを読んでいくと、動物の生態について、へぇーっと驚きの事実を知ることができます。うちの子どもも興味しんしん。一番びっくりしたのは、フラミンゴのピンク色の話。あと、トラやコウモリなど、おしっこネタもおもしろい。文書の量がだいぶ多いので、今日は途中まで。明日また読みます。この絵本、おすすめです。
▼あべ弘士 作・絵/なかのまさたか デザイン『どうぶつえんガイド』福音館書店、1995

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です