中川素子『絵本は小さな美術館』(その4)

 この本でおもしろいと思ったのが、ヴィジュアル・リテラシーという考え方。長いですが、引用します。

リテラシーという言葉がある。読み書き能力といった意味で、最近はメディア・リテラシーなどという場面でも使うが、私たちはヴィジュアル・リテラシーということに、もっと注意してよいように思う。絵本のどんな片隅の小さな絵にも、必ず作者の託した意味がある。子どものように隅から隅まで何度も見ることにより、浮かび上がるものがあるはずだ。(42-43ページ)

絵本作家たちが、絵本の部位のすべてを使って表現しようと努力していることをきちんと受け止めたい。(83ページ)

今まで表紙、本文部、裏表紙と各部位を見てきたが、絵本の部位はすべて表現の場であることがおわかりいただけたと思う。変なたとえだが、一匹の魚を買い、身を刺身にして、残ったあらや骨などもすべて料理しつくすように、絵本の部位のそれぞれの味を味わっていただきたい。(87ページ)

 絵本のばあい、このヴィジュアル・リテラシーはなかなか重要ですね。中川さんが書かれているとおり、絵本は、他の種類の本以上に、本というモノそれ自体が徹底的に活用されています。表紙、裏表紙、見返し、扉、背、といった物体としての本のいろんな部位にさまざまなメッセージが刻まれており、そのことが絵本の表現の厚みと幅を生んでいるように思います。もちろん、それは本文の絵のあり方にも関係します。浮かび上がってくるさまざまなメッセージに目と耳をすませると、ますます絵本がおもしろくなってくる気がします。

 そうしたヴィジュアル・リテラシーは、ついつい文を読んでしまう大人より、言葉にとらわれず絵を隅々まで見ている子どもの方がむしろ高いかもしれませんね。私も、読み聞かせのときうちの子どもからいろいろ教えられて、なるほどなあと感心することがあります。

 また、こういうヴィジュアル・リテラシーは、絵本だけではなく、当然、他のあらゆる視覚表現に対しても有効でしょう。別にそのことを目的にする必要はありませんが、絵本を通じてヴィジュアル・リテラシーをとぎすませることができるなら、それはそれで有意義と思います。

▼中川素子『絵本は小さな美術館』平凡社新書、2003年、定価(本体 880円+税)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です