いとう ひろし『レーザーこうせんじゅうビービー』

 レーザー光線銃ビービーをおもちゃ屋さんで見つけた「ぼく」。でもお母さんは買ってくれません。そこで、バナナを光線銃に見たてて遊びます。イヌやタバコのおじさんを退治(?)していく様子がおかしいです。最後は「おにいちゃん」との対決。兄弟遊びの描写は、いとうさんの他の絵本にもたしかあって、うちの子どもに教えてもらいました。さすが、よく覚えている(^^;)。

▼いとう ひろし『レーザーこうせんじゅうビービー』童心社、1998年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です