おざわとしお/佐藤芙美『かぜのかみとこども』

 日本の昔話をもとにした絵本。きまぐれな風の神さまにおいてけぼりにされてしまった子どもたちの物語。最後は家に戻ることができます。おもしろいのは、風の神さまが3人登場するのですが、一見ふつうの人間のように描かれていて、輪郭が白や他の色で縁取られているところ。なんとなく神秘的な雰囲気がただよっています。

▼おざわとしお 再話/佐藤芙美 絵『かぜのかみとこども』「こどものとも」1999年10月号(通巻523号)、福音館書店、1999年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です