ラーシュ・クリンティング『なんでも しゅうりいたします』

 ビーバー(?)のフリッペがはじめた修理屋さんのお話。壊れたものを修理するはずが、もっと愉快なものに作り替えてしまいます。お客さんはみんな喜んでいるのに、フリッペ自身はすまなさそうなのが、おかしい。

 工作大好きなうちの子どもも気に入っています。

▼ラーシュ・クリンティング/とやま まり 訳『なんでも しゅうりいたします』偕成社、2000年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です